2011年08月07日

相馬への浴衣支援につきまして

被災した相馬市での盆踊りについて、浴衣提供が呼びかけられています。
相馬盆踊りは福島県で長く愛されてきた素敵な盆踊りで、わたくし達もお世話に
なりました。ささやかながら、当方どもも送付をさせていただきました。

この内容をみられた盆踊りを愛する皆様、ぜひ協力をお願いします。

(2011年8月4日 東京新聞記事より)
東日本大震災で被災した福島県相馬市で被災者が十四日に開催する盆踊りのために、女性用の浴衣やげたをプレゼントしようと、横浜市内や都内の団体が、千着を目標に浴衣などの提供を呼び掛ける企画「相馬ゆかたプロジェクト」を進めている。相馬市は全国的に知られる民謡「相馬盆唄」のふるさと。関係者は盆踊りが結ぶ支援の輪に、復興への願いを込める。 (荒井六貴)

 津波被害で二千人以上が仮設住宅に避難している相馬市は、「相馬盆唄」に代表されるように、盆踊りが盛ん。八月になると、市内各地で開かれてきた。

 そんな土地柄を生かし、被災者たちに少しでも平穏を取り戻してもらおうと、相馬市の団体「おひさまプロジェクト」や、地元の民謡愛好家らが十四日、市内で盆踊りを開催する。

 同団体の大石ゆい子代表は「年配の人も子どものころから『相馬盆唄』を踊り、親しんできた。盆踊りでみんながつながって、生きていく方向性を見いだしたい」と訴える。

 問題は、被災者が着の身着のまま逃げてきたため、浴衣を持ってないこと。「お茶を一杯飲むにも、器次第で気持ちは変わる。今、足りないのは気持ちの部分。浴衣姿で盆踊りの雰囲気を味わってほしい」−。それが大石さんの願いだ。

 願いをかなえようと、浴衣の募集に乗り出したのが、横浜市の団体「おひさまプロジェクト横浜サポーターズ」と都内の「ひさい地女子応援部」のメンバー。「応援部」の人脈で、浅草の若手経営者団体「浅草槐(えんじゅ)の会」も協力してくれることになった。

 同会の担当者は「浅草の三社祭で毎年、浴衣を作っているので、家で眠っているのもある」と指摘、会員に提供を呼び掛けている。

 企画を取りまとめる応援部のフリー編集者外島美紀子さん(47)は「みんなが踊って、ちょっとでも元気になったり、笑顔になってくれれば」と語る。

 締め切りは十日。浴衣は、使用できれば中古も可能。問い合わせは横浜サポーターズの石崎大望さん=電080(3807)9124=へ。

posted by 盆踊り at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47231872

この記事へのトラックバック